仕様解説
第4回 CSS Custom Properties

ネイティブのCSSとして変数の仕組みを使えるCSS Custom Propertiesの実装方法と、使いどころを解説します。CSS内で完結するだけでなく、JavaScriptと変数を通して連携することも可能です。

2017年05月04日発行
この記事を読むには
購読の手続きが必要です
CodeGridは月額800円(税抜)、
初回登録時は30日間無料