実践
第4回 ストレージ機能によるデータの保存と取得

Chromeのストレージ機能であるchrome.storageを利用し、ユーザーが直前に選択したセレクトボックスの値を保存しておき、それを初期値として利用できるようにしていきます。

2019年01月24日発行
この記事を読むには
購読の手続きが必要です
CodeGridは月額800円(税抜)、
初回登録時は30日間無料