実践
第6回 バックグラウンドページとメッセージパッシング

オプションページに簡単にアクセスできるように、テンプレート編集ボタンから開けるようにします。これには、バックグラウンドページ機能と、バックグラウンドページとコンテンツスクリプトの間で通信を行うメッセージパッシング機能を使います。

2019年02月21日発行
この記事を読むには
購読の手続きが必要です
CodeGridは月額800円(税抜)、
初回登録時は30日間無料