仕様解説
前編 minmax()関数の使い方

2016年にCodeGridで連載された「これからのグリッドレイアウト」の続編です。前回紹介できなかったトピックのひとつmixmax()関数。これをプロパティの値にを使うと、レスポンシブな画面に対応することができます。

2018年07月05日発行
この記事を読むには
購読の手続きが必要です
CodeGridは月額800円(税抜)、
クレジットカード、PayPal支払いなら30日無料