仕様解説
後編 repeat()関数の使い方

CSS Gridで用いられるプロパティの値として活用できるrepeat()関数を解説します。この関数はauto-fill、auto-fitというキーワードを指定することで、グリッドトラックやグリッドアイテムで適宜、余白を埋めてくれます。

2018年07月19日発行
この記事を読むには
購読の手続きが必要です
CodeGridは月額800円(税抜)、
初回登録時は30日間無料