仕様解説
第2回 結合子

2回目はある要素の子要素、子孫要素、兄弟要素の選択ができる結合子の解説をします。4種類ある結合子の特徴を押さえることで、目的の要素に適切なスタイルを付与できます。

2018年09月20日発行
この記事を読むには
購読の手続きが必要です
CodeGridは月額800円(税抜)、
クレジットカード、PayPal支払いなら30日無料