仕様解説
第4回 擬似クラス 2

文書構造を利用しながら、特定の要素を指定する擬似クラスを解説します。Selector Level 4では引数にセレクターを渡すこともできるようになります。少し未来の仕様ものぞいてみましょう。

2018年10月18日発行
この記事を読むには
購読の手続きが必要です
CodeGridは月額800円(税抜)、
クレジットカード、PayPal支払いなら30日無料