入門
第12回 Renderer:レスポンシブと透過対応

rendererインスタンスを利用して、PixiJSのレスポンシブ対応やCanvas透過を行います。また、これまでの機能を振り返り、PIXI.Applicationを制御する方法を見てみましょう。

2019年06月27日発行
この記事を読むには
購読の手続きが必要です
CodeGridは月額800円(税抜)、
初回登録時は30日間無料