仕様解説
後編 文字列や画像以外の指定

contentプロパティに指定できる値は文字列と画像だけではなく、さまざまな値を指定できます。今回は、attr()、引用記号、カウンター、::marker疑似要素を紹介します。

2019年12月19日発行
この記事を読むには
購読の手続きが必要です
CodeGridは月額800円(税抜)、
初回登録時は30日間無料