座談会
中編 アクセシビリティ対応を訴求するには

効果を数字で測りにくいアクセシビリティの対応を進めていくには、どうしたらいいのでしょうか。アクセシビリティを実装するエンジニアとアクセシビリティを利用する当事者、アクセシビリティを提供する経営者の経済合理性など、さまざまな視点から座談会が進みます。

2019年08月08日発行
この記事を読むには
購読の手続きが必要です
CodeGridは月額800円(税抜)、
初回登録時は30日間無料