入門
最終回 開発側からみたJAMstackのメリット

最終回は、これまでのサイト、Webアプリケーション開発のアーキテクチャの歴史を踏まえつつ、JAMstackを使うメリットをまとめます。フロントエンド・エンジニアとの親和性が高く、アドバンテージがあることがわかります。

2019年10月31日発行
現在の表記は「Jamstack」ですが、記事執筆時の公式表記に合わせ「JAMstack」という表記にしています。表記以外の概念が変わったわけではありませんので、記事内容はそのまま使えます。(2020年2月現在)
この記事を読むには
購読の手続きが必要です
CodeGridは月額800円(税抜)、
初回登録時は30日間無料