未来・次世代
第1回 Optional Chaining

TC39で策定中の次世代のECMAScriptの仕様を解説します。今回はプロパティなどの存在確認を簡潔に記述できるOptional Chainingを取り上げます。

2019年09月12日発行
    この記事を読むには
    購読の手続きが必要です
    CodeGridは月額800円(税抜)、
    初回登録時は30日間無料