座談会
前編 これからのレスポンシブデザイン

Webデザインは描画されるメディアがひとつに固定されず、ブラウザが描画できないデザインはできません。そんな難しさがよく現れるのが「レスポンシブデザイン」と呼ばれる手法です。制約の中、どうやってよりよいデザインを実現するのか、デザイナーとフロントエンド・エンジニアが対話します。

2019年04月25日発行
この記事を読むには
購読の手続きが必要です
CodeGridは月額800円(税抜)、
初回登録時は30日間無料