入門
第10回 ディレクティブの作成 3

ディレクティブの内容をテンプレートの一部として利用するtranscludeと、ディレクティブ相互でやりとりを行うcontrollerとrequireを解説します。ディレクティブ内部の機能や構造を隠蔽でき、便利です。

2014年03月13日発行
本シリーズはAngularJS 1.2での解説です。内容をアップデートした新シリーズ「攻略!AngularJS 1.5」があります。
この記事を読むには
購読の手続きが必要です
CodeGridは月額800円(税抜)、
初回登録時は30日間無料