実践
第1回 Autoprefixerを使う 1

Autoprefixerは指定された対応ブラウザの情報に基づいて、必要となるCSSベンダープリフィックスを自動付与したり、削除したりします。CSSをできるだけシンプルに、メンテナンス性を高く保てます。

2014年12月11日発行
1回目で紹介している単体で動作させるコマンドがなくなりました。ツールの概念やタスクランナーと組み合わせて使う方法に変わりはありません。
この記事を読むには
購読の手続きが必要です
CodeGridは月額800円(税抜)、
初回登録時は30日間無料