入門
第5回 Backbone.RouterとBackbone.History

今回紹介するBackbone.RouterとBackbone.Historyを使うことで、URLの変更や履歴の管理、URLによる処理の振り分けなどを行うことができます。この2つを使った基本的な実装、発展的な使い方を解説します。

2012年12月20日発行
この記事を読むには
購読の手続きが必要です
CodeGridは月額800円(税抜)、
初回登録時は30日間無料