入門
第2回 メニューとその動作の実装

Electronのアプリケーションにメニュー項目とそれに伴う動作を実装します。ここではファイルを開くという基本動作に焦点を絞って解説します。Electronではメインプロセスとレンダラプロセス間で通信を行い、ファイル内容を表示します。

2016年08月04日発行
この記事を読むには
購読の手続きが必要です
CodeGridは月額800円(税抜)、
初回登録時は30日間無料