仕様解説
第2回 Promise 2

thenやcatch用いてPromiseを繋げて使う方法、複数の非同期処理をまとめて扱う方法について解説します。単に挙動だけでなく、内部でどのような処理がされているか、仕様に沿ってみていきましょう。

2015年01月29日発行
この記事を読むには
購読の手続きが必要です
CodeGridは月額800円(税抜)、
初回登録時は30日間無料