仕様解説
ECMAScript 2015の新機能
第3回 Generator

関数内に定義された処理の実行を途中で止めたり、再開したりすることができるGeneratorの機能を解説します。非同期の処理を同期的に表現し、コードの見通しをよくすることに使われることもあります。

2015年02月26日発行
この記事を読むには
購読の手続きが必要です
CodeGridは月額800円(税抜)、
クレジットカード、PayPal支払いなら30日無料