仕様解説
ECMAScript 2015の新機能
第6回 Arrow Function

CoffeeScriptではおなじみの=>で関数を書く記法が、Arrow Functionという仕様でES6に採用されています。この記事ではArrow Functionの記法や、ES5仕様との違い、実装時の注意点を詳しく解説します。

2015年05月07日発行
この記事を読むには
購読の手続きが必要です
CodeGridは月額800円(税抜)、
クレジットカード、PayPal支払いなら30日無料