入門
第2回 DOCTYPEを利用

HTML5で実装されたサイトといっても、どの程度HTML5の機能を取り込むかで、実装を3つのパターンに分けて考えてみます。今回はそのうちのひとつDOCTYPEを利用するパターンを紹介します。なお、情報は2012年6月現在のものです。

2012年07月05日発行
この記事を読むには
購読の手続きが必要です
CodeGridは月額800円(税抜)、
初回登録時は30日間無料