仕様解説
前編 img要素のsizes属性とsrcset属性

HTML 5.1から導入されるpicture要素、img要素に追加される新属性を用いると、さまざまな条件を組み合わせて、画像を出し分けられます。基本仕様を解説しつつ、実務にどのように活かせるか探ります。

2015年09月17日発行
この記事を読むには
購読の手続きが必要です
CodeGridは月額800円(税抜)、
初回登録時は30日間無料