仕様解説
後編 子要素のsource要素

picture要素の子要素となるsource要素、img要素を使い、Viewportによる画像の出し分けや、画像フォーマットの出し分けを実装します。また、最終的にどのような使い方が現実的か指針を示します。

2015年09月24日発行
この記事を読むには
購読の手続きが必要です
CodeGridは月額800円(税抜)、
初回登録時は30日間無料