入門
第7回 props.childrenを活用する

アプリケーションが大規模になり、コンポーネントの入れ子が複雑になってくると、見通しが悪くなることがあります。そこでコンポーネント構造をなるべく浅く保つこともできるchildrenの使い方を解説します。

2017年02月02日発行
本シリーズ内で紹介している内容は利用できますが、現在のバージョンでは新しい書式などが追加されているので注意してください。(2020年7月現在)
この記事を読むには
購読の手続きが必要です
CodeGridは月額800円(税抜)、
初回登録時は30日間無料