入門
入門、Selenium
第3回 E2Eテストの記述 2

SeleniumのE2Eテストにおいて、非同期処理の終了を「待つ(wait)」書き方を中心に解説します。この処理を適切に行えないと、テスト箇所以外の原因でテストが通らないということが起きます。

2014年12月04日発行
2014年の記事です。記事中で紹介されている環境とコードでは、現在動作しません。
この記事を読むには
購読の手続きが必要です
CodeGridは月額800円(税抜き)、
クレジットカード、PayPal支払いなら30日無料