仕様解説
第2回 @supportsルール

プロパティや値の対応状況によって、適用させたいCSSを分けたい場合があります。@supportsルールはそれをスマートに実現できる仕組みです。使用例と併せて紹介しましょう。

2017年02月16日発行
この記事を読むには
購読の手続きが必要です
CodeGridは月額800円(税抜)、
クレジットカード、PayPal支払いなら30日無料