入門
マークアップ・エンジニアのためのSVG入門
第1回 SVGコードの基本

この記事ではまずSVGのコードとしての基本と、さまざまな実装方法を概観してみましょう。それぞれの特徴を捉えられると、実装方法の選択が適切にできます。

2014年 05月08日発行

目次

SVGは、Android2.0系やIE8では対応していませんので、今の段階で気軽には使いづらい技術です。しかし、iOS Safari向けのWebページなど、限られた環境に向けては効果を発揮します。今回はマークアップエンジニアが知っておくべきSVGの仕様や使い方を見直してみましょう。

画像でありテキストである

SVG=スケーラブルなベクター形式」は、SVGの大きな特徴です。このことは多くの人が認識しているでしょう。

左がラスタ形式、右はベクター形式
ラスタ形式は特に拡大に弱く、拡大するとドットが目立つ。一方、ベクター形式は拡大しても画像の劣化はない。

SVGにはソースコードが存在し、これにより画像が描かれているという特徴もあります。つまり、SVGは画像でありコードなのです。例えば、ChromeでSVG形式の画像をブラウザで直接表示すると、「View Page Source」から、SVG画像のソースコードを表示することができます。ソースコードの内容については後述します。

SVGデータのソースコード
SVGデータのソースコードを見る

HTMLに曲線をもたらす

SVGのソースコードは、HTMLと同じくタグでマークアップします。そして、HTMLとSVGのソースコードは混ぜて使うことができ、HTMLの拡張としても扱うことができます。例えば、次のサンプルは、HTMLにSVGを混ぜた例です。図形のクリックできる範囲に注目してみてください。

SVGデータのソースコードを見る
Android3.0以降、Firefox28以降、Chrome31以降、Safari5.1以降、iOS Safari 3.2以降、IE9以降などで表示可能。

gzipが効く

PNG、JPEGなどのビットマップ画像はバイナリーのデータです。一方で、SVGはテキストデータです。そのため、SVGにはgzip圧縮が機能します。SVGファイルは軽量ですが、サーバから配信される際には圧縮され、デスクトップ上でのファイルサイズから、さらに2/3ほどの容量*になります。

*注:SVGのgzipによる圧縮

ソースコードの内容によって圧縮できる割合は変化します。

SVGの利点

SVGはスケーラブルなため、小さなサイズのSVG画像を大きく引き伸ばしても劣化しません。これは、モバイル端末において、ピンチアウト(拡大)をしたときや、Retinaディスプレイなどのピクセル密度の高い画面でも画素が劣化しません。

また、前述したようにSVGはテキストデータのため、gzip圧縮が有効です。つまり、ビットマップ画像を使うよりも、ダウンロードの速度が速くなりパフォーマンスが改善します。

これらの特徴から、SVGはマルチデバイスの対応にとても相性がよさそうであることがわかります。しかし、そこにはひとつの壁があります。SVGは、IE8、Android2系では利用できません。IE9以降、Android3.0以降から対応しています。ですので、事前にWebサイト/アプリケーションのターゲットブラウザ対象を確認し、これさえ解決すれば、SVGを採用することに意味が出てくるでしょう。

このWebアプリケーションのUI部分の一部はSVGでできている

SVGの書き方

SVGは画像ですが、内容はXMLでHTMLの親戚のようなコードです。もちろんテキストエディタを使えば、SVGを書くことができます。

ここでは簡単な書き方をご紹介します。

簡単なSVG

ここにあるサンプルのソースコードは、次のとおりです。

<svg xmlns="http://www.w3.org/2000/svg" width="512" height="512" viewBox="0 0 512 512">
  <circle cx="150" cy="200" r="100" fill="#06f"></circle>
</svg>

ネームスペース

1行目では、xmlns属性により、SVGのネームスペースを表しています。svgタグ配下では、すべての要素が「http://www.w3.org/2000/svg」に属す要素、つまりSVGの要素として扱われます。このXMLネームスペースはXMLの仕組みです。(ネームスペースはURLですが、ただの識別子の文字列であり人名でいう名字のようなものです。URLを入力して開くページには意味がありません)

例えば、HTMLにはa要素がありますが、SVGにもSVGのa要素があります。同名の要素が混ざらないようにするため、ネームスペースという仕組みを用いています。このネームスペースをミスタイプしてしまうと、SVGではないまったく別の言語の要素となってしまうので注意しましょう。

widthとheight

1行目では同じくwidthheight属性が指定されています。これは、ビューポート、つまり「窓」の大きさを決めています。

viewBox属性

viewBox属性は「窓の中の座標」を決めています。

width512height512に対して、viewBox="0 0 512 512"と指定しています。つまりviewportは、次のようになります。

  • 左上の座標が x: 0, y: 0
  • 右上の座標が x:512, y: 0
  • 右下の座標が x:512, y:512
  • 左下の座標が x: 0, y:512
viewBox属性で座標を決定

viewBox属性の値を変えると、窓に対する座標の扱いをずらすことができます。上記のように、ビューポートの大きさとビューボックスの座標を一致させておくと、座標1を1pxとして扱うことができます。

circle要素

2行目には円を描くためのcircle要素があります。属性値はそれぞれ次の意味を持ちます。

  • cxは中心のx座標(center xを意味する)
  • cyは中心のy座標(center yを意味する)
  • rは半径の長さ(radiusを意味する)
  • fillは塗り色

これにより<circle cx="150" cy="200" r="100" fill="#06f"></circle>の行はviewBoxにより作られた座標系上の(150, 200)を中心に、半径100の円が描かれているわけです。

なお、SVGでは長さはすべて座標を示します。そのためpx(ピクセル)などの単位をつけることができません。

その他の要素

このほかもSVGにはたくさんの要素があり、例えばpath要素という自由な曲線を扱うことができる要素も存在します。SVGの図形では主にpath要素を使うことになりますが、複雑な曲線を描くにはコードを書いて図形を完成させるという方法は現実的ではありません。Adobe IllustratorやInkscapeはSVGの書き出しに対応しており、これらのツールを使って図形をデザインすれば、直感的にデザインし、意図した通りのSVGファイルを手に入れることができるでしょう。ツールを使ったSVGファイルの作成方法は、本シリーズの次回からご紹介します。

埋め込み方法

ここまで、SVGファイルの内容をご紹介しました。SVGファイルは単体で使うよりも、HTMLに埋め込んでこそ、Webコンテンツの一部となりその進化を発揮します。埋め込む方法は複数あります。

画像としてHTMLに埋め込む

SVGは画像ですので、HTMLに画像として埋め込むことができます。使い方はPNGやJPEGを埋め込むのと同じく、img要素として埋め込みます。

<img src="path/to/image.svg" alt="" width="320" height="320">
img要素として埋め込む

画像としてCSSに埋め込む

SVGは画像ですので、CSSでbackground-imageなどから、画像として参照することもできます。

.box{
  background-image: url(path/to/image.svg);
}
画像としてCSSに埋め込む

要素として埋め込む

SVGはタグとしてHTMLに混ぜて使うこともできます。HTML内にsvg要素を配置すると、その配下ではSVGの世界となります。svgタグには、widthとheightを明示しておきます。HTMLに埋め込む際には、SVGのxmlns属性を省略することもできます(もちろん、書いてもかまいません)。省略した場合、svg要素の子孫要素はxmlns="http://www.w3.org/2000/svg"に属する要素として扱われます。

<div>
  <svg width="320" height="320">
    <circle cx="100" cy="100" r="100" fill="red">
  </svg>
</div>
要素としてHTMLに埋め込む

この場合、SVGもDOMを形成します。ですからJavaScriptでDOM操作も可能です。DOMツリーの様子は次のようになっています。

要素として埋め込むとHTMLとSVGのDOMが混ざった状態となる

もちろん、JavaScriptでSVGファイルをAjaxにより取得し、HTML内にappendすることも可能です。

外部メディアとして埋め込む

SVGは外部オブジェクトとして、object要素やemmbed要素として埋め込むこともできます。ただし、ほかの方法が充実しているため、この方法はあまり利用することはないでしょう。

<object data="path/to/image.svg" width="150" height="150" codetype="image/svg+xml">代替コンテンツ</object>
<embed src="path/to/image.svg" width="150" height="150" type="image/svg+xml">
外部メディアとして埋め込む

なお、object要素、embed要素ともにHTML5の仕様に含まれています。

まとめ

SVGはとても特殊で画像でありコードであるという性質を持っています。画像の性質を活かせば、劣化しない特性を利用できます。コードの性質を活かせば曲線を活かしたUIを作ることもできます。ちなみに以前、リアルタイムでグラフを表示するUIを作るために、aiファイルから「SVGのコーディング」を仕事で扱ったこともあります。こんなふうに、Webに新たなUIを取り入れる際には、SVGにも注目してみるとおもしろいでしょう。

小山田 晃浩
小山田 晃浩
フロントエンド・エンジニア

2006年よりWeb制作会社にてUI実装や運用業務を経験した後、2010年よりフロントエンド・エンジニアとして株式会社ピクセルグリッドに入社。これまでの経験の大半は大規模Webサイトの壊れにくいHTML/CSS設計、及び実装。また、SVG, Canvas, WebGLの扱いも得意としている。 外部に向けたアウトプットも積極的に行っており、カンファレンスでの講演などを多数こなしている。Tokyo WebGL Meetupの主催者。2011年から2015年まで5連続でMicrosoft MVP for IEを受賞。 著書に『Webデザイナー/コーダーのための HTML5コーディング入門』(共著:エクスナレッジ、2011年3月12日)や『CSS3デザイン プロフェッショナルガイド』(共著:毎日コミュニケーションズ、2011年5月28日)』などがある。