実践
後編 SVGスプライト生成の自動化

比較的、柔軟性があるSVGスプライトは、アイコンの大きさを自由にコントロールできます。しかしながらCSS指定を手動で行うには、少し煩雑。そこでgulpとSassを用いてこれらの作業を自動化します。

2016年04月14日発行
この記事を読むには
購読の手続きが必要です
CodeGridは月額800円(税抜)、
初回登録時は30日間無料