未来・次世代
第4回 Web Components その2

その1ではWeb Componentsの4つの柱のうち、「Templete」と「Decorator」を紹介しました。今回は最後のひとつ実装者が要素を定義できるCustom Elementsを解説します。

2012年11月01日発行
Shadow DOMの仕様のうち「Decorator」は仕様から削除されました。(2016年9月現在)
この記事を読むには
購読の手続きが必要です
CodeGridは月額800円(税抜)、
初回登録時は30日間無料